日焼け止めは、想像以上に肌への負担が大きい

日焼け止めは、お肌の大敵といえる紫外線をシャットアウトしてくれる、とても頼もしい存在です。 しかし、覚えておかなければいけないのは、どんなに高機能の日焼け止めでも、肌にとっては高負担だという事です。 日焼け止めには、クリームやジェル状等、色んな種類があります。 存在位置としては、スキンケアじゃなくメイクと同じ扱いです。 用が無くなったら、速やかに落とす事が、肌に対して大事となります。 朝メイク前に付けると、夜帰宅するまで落とさない事が大半です。 想像以上に長い時間肌に付けているので、出来るだけ肌に負担の掛らない日焼け止めを選びましょう。

日焼け止めの数値の高さ選びを間違えない

日焼け止めの数値は、SPFとPA値があります。 これらを、高ければ高い程強いから良いものだ、と勘違いされている方がいらっしゃるようです。 確かに、数値が高い方が効果は歴然ですが、その分肌に大きな負担をかけてしまいます。 数値MAXの日焼け止めを常につけていると、肌は疲れ切り、肌質がどんどん低下してしまいます。 普段使いは、SPF20程度で十分です。 炎天下の海や山の中等の、日差しが物凄い空間で過ごす時のみ、SPF50の高SPFの日焼け止めを付けるようにします。 こうして、弱い強いを分けて使ってあげると、肌への負担が少なく済みます。

ウォータープルーフは、肌に大きな負担を与える

ウォータープルーフの日焼け止めは、落ちにくく流れにくいので、日焼け止めの中では便利なアイテムと思われがちです。 汗は皮脂に強いという事は、肌との密着度が高い証拠です。 それだけ、肌への負担が高いという事になります。 この強さは、予想以上に肌に負担をかけているので、ウォータープルーフの日焼け止めを普段使いにしていると、肌に大きな負担を常にかけている事になります。 高SPFの日焼け止め使いと同様、時と場合によって使い分ける事が、肌に対してとても大事になります。

ここ数年話題になっているccクリーム おすすめは、肌の欠点を目立たなくさせるだけじゃなく、紫外線効果も含まれています。 美容成分も含まれているので、肌にとても優しく紫外線効果を発揮する事が出来ます。 CCクリームを使う前に日焼け止めを塗る方もいらっしゃるようですが、普段の生活でしたらCCクリームの紫外線効果だけで、十分と言えます。 CCクリームは、普段生活する程度の日焼け止めとしても、とても重宝します。 肌に優しい紫外線対策としては、最適と言えるでしょう。

◆ about link

紫外線は、お肌の大敵です。紫外線は、肌にあらゆるトラブルを引き起こすので、絶対に避けたいですよね。このサイトでは「日焼け止めの選び方等」の紹介をしています。